2009年03月24日

簡単!ナイフを作ろう!

NEC_0039.JPG


こんにちは!

最近は休日にとくにやることもなく

怠惰な毎日を過ごしておりますが


前に自作の釘ナイフを紹介しました♪

男なら誰でも一度くらいナイフに憧れたことがあるはず!

今日はそれの続編として

鑢(ヤスリ)を鍛錬して

鑢ナイフをつくる方法を紹介したいと思います^^


<主な道具>

@100円ショップのヤスリ
Aそれと同じかそれ以上の性能を持つヤスリ
B七輪とかバーナーとか熱源
Cサラダ油、耐水紙ヤスリ
D金槌、ヤットコ(ペンチでも代用可?)
E…あればグラインダー(電動ヤスリ)


 行程は@焼き鈍し(やきなまし)A整形 B焼き入れ C研ぐ
のだいたい4工程。人によっては「いやちがう」と思う方もいるかもしれませんが、自分はこれでやっているのでこれで良いとします。

途中経過などの写真があれば良いのですが作っていると夢中になってしまって、写真を撮ることなんか忘れてしまっています^^;

@焼き鈍し(やきなまし)
ここでは100円のヤスリを赤くなるまで熱し、そのまま冷ますことで金属を弱くします。そうすることで同じ強度だったヤスリでもなんとか削れるようになるはずです^^
このとき赤くなったヤスリをヤットコでつかみ、金槌で叩いて大体の形状に作っておくと後が楽になります。薄さも2oくらいまで薄くするとだいぶ鋭い切れ味が得られるかもしれません^^
形ができたらそのまま冷まして下さい。


A整形
この工程が一番大変でしょう。なぜなら先ほど作った鉄塊をなんとか刃物にするためにヤスリで削ろうというのですから、根気がいります^^;
片刃でもいいですが、やはり見た目的には両刃がかっこいいでしょう。両方の削られ方がまっすぐになる様に、ナイフをどこかに固定して削ると良いでしょう。
グラインダーとかベルトサンダーがあれば、(普通は無いでしょう^^)作業が倍くらい楽になります。水とか油を垂らしながらやるとなんとなくスピードアップしているような気がします。


B焼き入れ 
形ができたらまた七輪かバーナーで熱を加え、赤くします。
そしたら今度は空き缶かなにかに油か水を入れておき、その中に一気につっこみます。これによって金属の分子が固定され、簡単には刃こぼれしなくなります。このとき水を使った方が硬くなるのですが、油を使った方が柔軟性が上がります。個人的には油をオススメしますが用途によって使い分けると良いでしょう。


C研ぐ
焼き入れし終わったナイフは黒い膜で覆われています。ヤスリと耐水ヤスリでつるつるの鏡面になるまで研ぎあげましょう。鉄でも鏡面にしておくことでステンレスの様に簡単には錆びなくなります。自分は釣った魚をさばくのに使ったりしますが、未だに錆びてませんよ^^



NEC_0038.JPG

+α
【ハンドル】
やっぱりナイフというからには刃だけでなくて、ハンドルも欲しいですよね^^
ハンドルをつけるには刃のハンドル部分に金属ドリルで穴を開けます。このとき油を差しながらやるのを忘れずに^^
ハンドル材はなんでもいいですが、その辺から樫木(かしのき)の枝を拾ってきて加工するのが初心者にも簡単で磨くとそこそこキレイなのでオススメです。
ハンドル材にも穴を開け、留め具として穴より少し小さい真鍮の釘を探してきます。適当な長さにカットし両方に通したら、今度はとんとんとかるく両側から金槌で叩いていきますそうすると少し長かった釘が太く短くなって売っているナイフみたいにキレイに留まりますよ^^
隙間はエポキシ樹脂系化学反応型接着剤等で補填すると良いでしょう。

今回はこんなところですが分からないことがあったら質問とかかきこんでおいて下さい。鋭意返答させていただきます^^

それではまた♪








posted by おさかな at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

最終鬼畜ゲー I Wanna Be The Guy 裏技!!

I Wanna Be The Guy といえば実に鬼畜なゲームとして有名ですね^^

1ステージクリアするのに何日もかかっている人も少なくないのではないでしょうか?

そこで!

ちょっと自分でもビックリな

I Wanna Be The Guy (大幅短縮!?)な裏技を発見したので

報告します(ヤッター^^)

簡潔に言うと

”一人目のボス、ザンギエフが一瞬で倒せます!!” わーい(嬉しい顔)

手順は以下の通り

@部屋に入ってザンギエフが上がってくるまで待つ!
 
Aザンギエフの赤いリストバンドが完全に見えたらあるキーを押す!

B連打!!

え!?こんなに簡単なの!?と思うかもしれませんが

以上の手順を踏むことで簡単にボスを倒せます晴れ

簡単でしょ^^♪

まぁまぁそして肝心の裏キーなのですが・・・

それは

A〜Lまでのキーボードを横に5回くらいシャララララ!シャララララ!シャララララ!…

ってやるのです


〜結果〜
・ザンギエフが何故か固まって動かない!
・その間に顔面連射!
・クリア! 

と、そういった流れです^^

このキーボードを シャララララ!…とすることには

ボスの形態を一段階進める効果があるようで、

5回やらずに、1回、2回と回数を減らすと

2段階目の波動券を打つザンギエフと戦うことも

可能です!!!!晴れ

この裏技はザンギが倒せなくてキーボードをグチャグチャやってるときに発見しましたひらめき

僕の血と汗と涙が込められているのです(笑)


この裏技を使ってより、I Wanna Be The Guyを楽しんで下さい^^

それではまた♪


*暇な人は自分の他のブログも見てみて下さい^^
 楽しいですよわーい(嬉しい顔)
posted by おさかな at 22:13| Comment(5) | TrackBack(0) | 体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

相互リンクサイト様募集!!

管理者名 おさかな

相互リンクサイト様募集!!

http://zed--tx-01.seesaa.net/
            
気軽に登録していただけたら幸いです!よろしくお願いいたします!


ホームページの紹介文 
 
絵を描いたり、造形物をのせたりします。また趣味の釣りやパソコンについても紹介しており、技術的な側面の強いブログです。気が向くと作業療法士の国家試験勉強を支援し、語呂合わせや暗記法を掲載しています。

追加して欲しいカテゴリ 
造形 芸術 釣り パソコン 医学 教育 作業療法士 趣味 ゲーム ライフスタイル 資格 MHP2G MTG
posted by おさかな at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 相互リンク募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

釘でナイフ作ってみた!

こんにちは!(^_^)
久しぶりに更新します。


実はつい最近ニコニコ動画で釘ナイフを作る動画を見ました。
ヽ(*^^*)ノ

その結果!

影響されて自分も作りたくなってしまったわけです!
(^∀^) アヒャヒャ


画像をアップしとくので興味のある人は見てみてね♪


〜一応作り方〜

@釘を買ってくる
(コンクリート釘だと炭素が入っているので尚よい^^)

A七輪、バーナー、煉瓦造りのコンロ、等を利用し黄色くなるまで熱し、金槌で叩いて整形・・・そのまま冷ます。

Bヤスリで削って細かな調整

Cもう一度熱し、今度は水にぶち込む

完成!NEC_0030.JPG

NEC_0027.JPG

NEC_0035.JPG





posted by おさかな at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

モンスターハンターポータブル2ndG感想

今日は普段の造形ブログを放棄して

愛するモンハーP2ndGの感想を書くことにします!

てかまず驚いたのはそっち系サイトで昨日まではMHP2Gシーダーが全然いなかったのに今日になったら
シーダー1500越えしてたことですね
(^_^;)。。。

自分はフロンティアやったことがないのでMHP2Gで
初めて樹海いきました
グラフィックが、なんか草とかいやに凝っててかなりよかったです
(^^)

ヒプノックも初めてだったのですが動きがかなり鳥で、尻尾が切りにくくて焦りましたが基本弱かったです
(^_^*)

てかたぶんクック系なので今考えるとしっぽ切れないと思います
(^_^;)。。。

今度は女キャラで始めたので新鮮です
ヴォルガノスさっさと出したいので頑張ります
(^^)
楽しいので購入をお勧めしますね!

monnhan.jpg



posted by おさかな at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

スカルピー造形の仕方〜A回目〜

A回目いきまーす

┗┫´ ▽ゝ`┣┛ 

@成形ときたら Aは“焼成”ですね言わずもがな

焼成はオーブンによって行われます。

なのでオーブンの設定とかについて

ぐだぐだやっていきます。

・まず成形したものを、それより一回り大きい紙(普通の印刷紙とか)に乗せておくとよいでしょう。焼きあがったとき取り出しやすいです。

・オーブンは一応3分くらい温めておきます。最初は寒いですからね。

・そして仕上がり温度を130度に指定して10〜20分、私の場合作品が小さいのでいつも13分くらい焼きます。

・焼きあがると作品は当然かなり熱いです。換気扇でも回して10分くらいはそっとしておいたほうがいいでしょう。

・再びスカルピーを付け足したいときは、やすりでその部分を少し削ると付きやすいですがそのままでも大丈夫です。

◆プロ的な事

 普通はやる必要はないですが。細かい作品の場合アルコールをハケ等で塗布すると仕上がりが美しくなります。
 また全体に均一に熱を通すためには、薄い金属板でドーム状のものを作りその中に作品を入れると良いでしょう。ここまでは普通やらないですかね
σ(^^;)...


焼成についてはこんな感じでしょうか。焼くことに関しては時間と温度さえ気を付ければ難しいところはとくに無いでしょう。
私は時間を間違えて黒コゲになったことがありますが、作品が逝ってしまった以外は特に問題なかったです…。
σ(^^;)...



例の如く写真を載せておきますので参考にどうぞ。リンクは楽天のものです。次回は“塗装”についてです。


1111.JPG 2222.JPG 3333.JPG







posted by おさかな at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。