2008年03月24日

スカルピー造形の仕方〜A回目〜

A回目いきまーす

┗┫´ ▽ゝ`┣┛ 

@成形ときたら Aは“焼成”ですね言わずもがな

焼成はオーブンによって行われます。

なのでオーブンの設定とかについて

ぐだぐだやっていきます。

・まず成形したものを、それより一回り大きい紙(普通の印刷紙とか)に乗せておくとよいでしょう。焼きあがったとき取り出しやすいです。

・オーブンは一応3分くらい温めておきます。最初は寒いですからね。

・そして仕上がり温度を130度に指定して10〜20分、私の場合作品が小さいのでいつも13分くらい焼きます。

・焼きあがると作品は当然かなり熱いです。換気扇でも回して10分くらいはそっとしておいたほうがいいでしょう。

・再びスカルピーを付け足したいときは、やすりでその部分を少し削ると付きやすいですがそのままでも大丈夫です。

◆プロ的な事

 普通はやる必要はないですが。細かい作品の場合アルコールをハケ等で塗布すると仕上がりが美しくなります。
 また全体に均一に熱を通すためには、薄い金属板でドーム状のものを作りその中に作品を入れると良いでしょう。ここまでは普通やらないですかね
σ(^^;)...


焼成についてはこんな感じでしょうか。焼くことに関しては時間と温度さえ気を付ければ難しいところはとくに無いでしょう。
私は時間を間違えて黒コゲになったことがありますが、作品が逝ってしまった以外は特に問題なかったです…。
σ(^^;)...



例の如く写真を載せておきますので参考にどうぞ。リンクは楽天のものです。次回は“塗装”についてです。


1111.JPG 2222.JPG 3333.JPG







posted by おさかな at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。